学長から
「ザ・セッションズ」日本公演facebookに紹介されました

「ザ・セッションズ」日本公演facebookに、ビートルズ大学公式ブログ「ビートルズ大学学報」のロンドンでのワールド・プレミアの記事が紹介されました。

詳細は、左横の「ビートルズ大学学報」をご覧ください。







...2016/04/06(Wed) 01:43 No.230



連載「ビートルズ来日学」 単行本化のお知らせ

拙連載「ビートルズ来日学」は、早いもので連載8年目ですが、来日50周年ゆえ、単行本化の運びとなりました。

5月発売予定です。

応援のほど、どうかよろしくお願い致します。
(本の詳細は、右上をクリックすればご覧いただけます。)



...2016/03/03(Thu) 01:04 No.229



「レコード・コレクターズ」2016年3月号

2月15日頃に全国の書店に並ぶ「レコード・コレクターズ3月号」。

拙連載「ビートルズ来日学」は、「ビートルズが日本で古美術を買った件」について更に検証します。いつもとはちょっと違う新しい方法論でやってみましたので、チェックしてみてください。

ちなみにこの号の特集は「追悼・ディヴィッド・ボウイ」。
右上の表紙画像をクリックすると詳細が見られます。

...2016/02/12(Fri) 06:10 No.228



「レコード・コレクターズ」2016年2月号

2016年もよろしくお願いします。
レコード・コレクターズ2016年2月号の拙連載は、ビートルズの日本滞在中に古美術品を多数販売した若山氏&大橋氏のインタビュー完結編です。新事実もお見逃しなく。

ちなみに第一特集は『最新型キング・クリムゾンへの軌跡』。
右上の表紙画像をクリックすると、その他の特集など詳細が見られます。


...2016/01/14(Thu) 00:16 No.227



「レコード・コレクターズ」2016年1月号

全国の書店で発売中の音楽評論誌「レコード・コレクターズ」2016年1月号。

拙連載「ビートルズ来日学」は、66年にジョンがおしのびで来店した朝日美術の関係者インタヴューその第3回目。あっと驚く新事実もあります。
この号のメイン特集は、「ボブ・ディラン1965―1966」。右上の表紙画像をクリックすれば、内容詳細がご覧いただけます。



...2015/12/30(Wed) 11:08 No.226



「レコード・コレクターズ」12月号

15日頃に書店に並ぶ「レコード・コレクターズ」12月号は「ビートルズ1+」特集です。
特集内の「書籍で知るビートルズ~5人目のビートルから、秘された“来日学"まで」という記事を執筆させていただきました。

拙連載「ビートルズ来日学」も新事実がいろいろあります。

表紙デザインはビートルズをCG合成したもので、この画像に興味ある方は、右上の画像をクリックすれば大きな画像が見られます。

私の執筆記事についての詳細は、左のバナー「ビートルズ大学学報」内でご覧いただけます。


...2015/11/11(Wed) 01:57 No.225



レコード・コレクターズ11月号

そろそろ全国の書店に並ぶ「レコード・コレクターズ11月号」、拙連載「ビートルズ来日学」はいよいよ新たな人物の御登場です。
これまでの定説を覆す、あっと驚く新事実も得られました。

ちなみにこの号の第一特集は「キース・リチャーズ」、第2特集は「デイヴィッド・ボウイ」。

更に詳しい内容説明は右上の表紙画像をクリックすればご覧いただけます。

...2015/10/15(Thu) 12:51 No.224



ビートルズ  謎のカウントダウンの意味が判明!

先日から突然、ビートルズ公式サイトで謎のカウントダウンが始まっていましたが、それについて遂に「ユニバーサル ミュージック合同会社 USMジャパン」より公式に連絡をいただきました。

なんでも「本日22:00に『ザ・ビートルズ1』のミュージック・ビデオ集が11月6日に世界同時発売されることが世界的にアナウンスされました。」とのことです。

さっそく詳細を、ビートルズ大学公式ブログ「ビートルズ大学学報」(左のバナー参照)にて、丸ごとペーストして共有させていただくことにしました。

...2015/09/15(Tue) 23:52 No.223



My article on the latest issue of

8月中旬に全国の書店に並ぶ「レコード・コレクターズ」9月号は、「ビートルズ来日学・特別講義」と銘打って「ポール・マッカートニー アムステルダム公演での考察」を執筆させていただきました。

以前、このブログで書いたとおり、このアムステルダム公演で数多くの新たな視座が獲得できたため、ぜひ貴方と共有させていただこうと、通常の「ビートルズ来日学」を休載してまで発表させていただきました。

7月号で発表した「ポール・マッカートニー 武道館公演での考察」と併読していただければ、ポールを一層深く賞味いただけるでしょう。店頭で見かけましたら、立ち読みでも構いませんので、どうかチェックしてみていただければ嬉しい限りです。

ちなみに、この号の特集は「山下達郎が語る1975年のナイアガラ」です。これも見逃せません。
表紙デザインは、右上をご覧ください。




...2015/08/13(Thu) 10:35 No.222



My article on the latest issue of "Record Collectors' Magazine"

レコード・コレクターズ2015年8月号の拙連載「ビートルズ来日学」は、テーラー山形屋の宮川健二氏インタヴューの完結編です。いよいよ完成したポール・マッカートニーのスーツはどういうものだったか。世界初の事実もいろいろ語られます。
詳しくは右上の表紙画像、または左横の「ビートルズ大学学報」をご覧ください。


...2015/07/13(Mon) 01:50 No.221



<- Before Log | | Next Log ->

..Thanks for Kent-Web..
...Script modified by Design CGI...